このブログについて

読めば分かるくどい楽典」へ、ようこそ!

ここはもちろん、楽典のことを解説してるブログです。

「読めば分かるくどい楽典」の読み方

「読み方」といっても「こういう風に読みなさい!」って言ってるわけじゃないです。

もちろん、好きなように読んで大丈夫です。

読めば分かりますし。

ここでは、このブログを読むとき「知っておくと便利」なことを書いておきます。

授業・補習

このブログでは、楽典記事のことを「授業」、コラム記事のことを「補習」と呼んでいます。

授業・補習は全て「楽典を学ぶ(サイトマップ)」から開けます。

授業は、順番通りに読むと分かりやすいと思います。

もちろん、気になった授業を一つだけ読むのもアリです。

一つの授業は、一つの「章」の中にあります。

例えば、「譜表・大譜表・スコア」という授業は「譜表の章」の中にあります。

今はまだ、

  • 知識ゼロの楽譜の読み方の章
  • 譜表の章
  • 音程の章

の三つしかありませんが、これから、

  • 音名の章
  • リズムの章
  • 音階の章
  • 和音の章

も追加していく予定です。

楽典をゼロから勉強したい人は、知識ゼロの楽譜の読み方の章(五本の線でドレミファソラシド)から読んでいきましょう。

「楽譜の読み方は分かるぞ!」って人は、譜表の章(五線・加線・オッターヴァ記号)とか音程の章(なぜ音程を学ぶのか?)とかから読むといいでしょう。

登場キャラクター


管理人

このブログでは、「ハナ先生」と「ハテナ君」というキャラクターが登場します。

「ハナ先生」が先生役で、「ハテナ君」が生徒役ですね。

このブログは、私が管理人・ハナ先生が運営者(という設定)です。

なので、このブログにある文章はほぼ全部ハナ先生が書いてる、って思ってくれたら管理人は嬉しいです。

詳しくはキャラクター紹介ページにて


ハナ先生

はじめまして。ハナと申します。

このブログで楽典を教えています。

よろしくお願いします


ハテナ君

はじめまして。オレはハテナ。

「わからねえことはすぐ聞く!」ってのがオレの勉強法だぜ

授業・補習の進め方

一つひとつの授業・補習はこんな感じ↓でやっていきます。

  1. 大事なところだけ簡単に説明
  2. 詳しく説明(授業・補習)
  3. くどい質問(会話)
  4. まとめとあとがき

※この進め方になっているのは、平成30年1月29日からの授業です。これより前の授業は、ハナ先生とハテナ君の会話だけで進む感じになっています。古い授業もリライトして、新しい進め方に変えていく予定です。

0.大事なところだけ簡単に説明

まず最初に、その授業で一番大事なところ・覚えてほしいことを書いてます。

1.詳しく説明(授業・補習)

ハナ先生が、「それでは、楽典の授業を始めます」と言いましたら、授業の本番です。

詳しく、分かりやすく、くどく解説してます。

ちなみに、補習(コラム記事)のときは「それでは、楽典の補習を始めます」って言います。

2.くどい質問(会話)

次に、ハナ先生とハテナ君が会話をします。


ハテナ君

楽典ってほんとムズイ


ハナ先生

私の授業、とっても分かりやすいと思うんだけどなあ……


ハテナ君

「分かりやすい」からと言って、「オレが分かる」とは限らないんだなー。

わかんねえことはどんどん質問するから、よろしく!


ハナ先生

うん。くどいほど解説してあげます。

あ、それから、私もハテナ君に質問しますからね


ハテナ君

オレに何を聞くつもり?


ハナ先生

間違えやすいところとか、聞きます。

「分かったつもり」になってないか、私が確認してあげる♪


ハテナ君

げ、まじか

3.まとめとあとがき

そして、授業のまとめになります。

このブログの名前は、「(   )」 - 答えを見る

こんな感じ↑に、穴うめ式になっています。

「答えを見る」をクリックすると、すぐに答えが見れます。



ハナ先生

あとがきでも、ハテナ君と話します


ハテナ君

どんだけオレと話すつもりだよ。

先生って、オレのこと好きなの?


ハナ先生

もちろんです。

生徒を愛するのも、先生の役目ですから

ハテナ君

え!? まじで!?

先生ってオレのこと好きなの……?

え、まじ、どうしよう……困ったな……ふへへ……


ハナ先生

あの、……ハテナ君?

なにをぶつぶつ言ってるの?


ハテナ君

先生、オレは付き合ってやってもいいぜ


ハナ先生

つきあう?

そうですね……ハテナ君には、私の授業にたっぷり付き合ってもらわなくちゃ♪

その他いろいろ

リンクはご自由に

このブログへのリンクはお気軽にどうぞ。

管理人への許可や報告も必要ありません。

主な参考文献

書くときに参考にしている本↓です。

  1. 石桁真礼生・丸田昭三・金光威和雄・末吉保雄・飯田隆・飯沼信義(2001)『新装版 楽典 理論と実習』音楽之友社.
  2. 菊池有恒(1988)『楽典 音楽家を志す人のための 新版』音楽之友社.
  3. 野崎哲(1973)『新しい楽典 付・問題集と解答』音楽之友社.
  4. 芥川也寸志(1971)『音楽の基礎』(岩波新書 青版795)岩波書店.
  5. 海老澤敏・上参郷祐康・西岡信雄・山口修監修(2002)『新編 音楽中辞典』音楽之友社.
  6. 淺香淳編(1991)『新訂 標準音楽辞典』音楽之友社.

使っている音楽・楽譜について

音楽は、パブリックドメインになっているものや、管理人が作ったものを使っています。

「パブリックドメイン」っていうのは、誰でも自由に使えるもののことです。

音楽を使うときは、普通、「著作権」に気をつけなければなりません。

でも、「パブリックドメイン」に著作権はありません。

音楽は、生演奏を使うこともあります。

生演奏なら、「著作権」の他に「著作隣接権」にも気をつけなければなりません。

でも、このブログで使っている生演奏も全てパブリックドメインです。

生演奏を使ったときは、授業の最後の「記事中の曲について」のところで情報をまとめています。

そこには、「誰・どの団体の演奏か?」「誰の指揮か?」「いつの録音か?」などが書いてあります。

楽譜については、全て管理人が作ったものを使っています。

プライバシーポリシー

こちらに書いてあります。

管理人へのお問い合わせ

管理人海金へのお問い合わせは、こちらからお願いします。

投稿日:2017年4月23日 更新日:

簡易キャラ紹介

登場キャラ
このブログで楽典を教えている。
音高生。質問がくどい。

最近のリライト

各カテのその1orはじめに

知識ゼロの楽譜の読み方:最初の授業

譜表:最初の授業

音名:最初の授業

音程:最初の授業