音階

主音・属音・下属音・導音

投稿日:2019年2月16日 更新日:

大事なとこだけ先に言います。

音階の音に番号を付けます。

名前もあります。

覚えてほしい名前はこれ↓です。

  • ⅰ……主音しゅおん
  • ⅳ……下属音かぞくおん
  • ⅴ……属音ぞくおん
  • ⅶ……導音どうおん

音階の章

  1. 音階とは
  2. 長音階・短音階のルール
  3. 主音・属音・下属音・導音←今ココ

※今分からなくても大丈夫なところは、緑の字で書きます

<スポンサーリンク>


授業


ハナ先生

それでは、楽典の授業を始めます

音階の音の名前

長音階・短音階の中には、いくつ音がありますか?

「長音階・短音階」とは?:→長音階・短音階のルール

数えてみましょう。

長音階「123ファ4567

7つですね。

短音階「12ミ♭3ファ45ラ♭6シ♭7

こちらも7つです。

この7つの音に、番号を付けてみましょう。

ローマ数字(ⅰ・ⅱ・ⅲ……)で。

楽譜が読めないなら:→知識ゼロの楽譜の読み方

「ド」がⅰ。

なので、ⅶの次はⅰです。

ⅷじゃありませんよ。

別の音階にも番号を付けましょう。

ト調長音階なら、

こんな感じ↑。今度は「ソ」がⅰになっていますね。

番号だけだと、ちょっとさみしいですよね。

なので、名前が欲しいと思いませんか?


ハテナ君

(別に思わない、かな……)

実は、すでにあるんです。名前。

7つの音に一つひとつ付いています。

  • ⅰ……主音しゅおん
  • ⅱ……上主音じょうしゅおん
  • ⅲ……中音ちゅうおん
  • ⅳ……下属音かぞくおん
  • ⅴ……属音ぞくおん
  • ⅵ……下中音かちゅうおん
  • ⅶ……導音どうおん

なんだか、難しそうな漢字が並んでますね……。

全部覚えなくても大丈夫。

とりあえず覚えてほしいのは、この4つ↓です。

  • ⅰ……主音しゅおん
  • ⅳ……下属音かぞくおん
  • ⅴ……属音ぞくおん
  • ⅶ……導音どうおん

短音階のⅶは半音上げないと導音になりません。

詳しくは次の授業で。

くどい質問

前置き

ハテナ君

主音と属音と……あと、なんだっけ?


ハナ先生

主音・属音・下属音・導音のこと?


ハテナ君

そう!

それって、どんな音なの?


ハナ先生

それは、これからゆっくり知っていけばいいんです


ハテナ君

……教えてくれないの?


ハナ先生

うーん……説明するの難しいんだよね……


ハテナ君

えー……


ハナ先生

……分かりました。

がんばって説明しますね。

楽典の本を参考にすると、どうしても難しくなっちゃうので、

私流に説明します!


ハテナ君

おう!

ハナ先生流でいいから、できるだけ分かりやすく、ね!

<スポンサーリンク>

主音ってどんな音?


ハナ先生

主音とか属音とかって、和音わおんで聴くと分かりやすいと思うんです

ハテナ君

和音ってなんだっけ?


ハナ先生

和音は、二個以上の音が同時に鳴ってるやつ

例えば、


ハナ先生

これ↑とか


ハナ先生

こういうの↑とか


ハテナ君

なるほど


ハナ先生

次の和音↓を聴いてください


ハテナ君

どっかで聞いたことある


ハナ先生

そうですよね。

かなりよく使われてる和音ですし。

まず、音に番号を付けましょう


ハナ先生

こんな感じ↑ですね。

この和音は、ハ調長音階で作られていますが……

ハ調長音階って、どんな音階でしたか?


ハテナ君

「ド-レ-ミ-ファ-ソ-ラ-シ-ド」だっけ?


ハナ先生

その通り。

だから、「ド」がⅰ(主音)になります。

主音は、「曲が終わる時」によく使われます

最後の和音を見てください


ハテナ君

主音が三つある


ハナ先生

そうですね。

もう一度、聴いてみてください。

最後の和音をよく聴いて

(さっきのと同じ)


ハナ先生

どうですか?


ハテナ君

どう……って言われてもなあ……


ハナ先生

最後の和音で、「曲が終わったなあ」って感じませんか?


ハテナ君

それは、なんとなく分かる……気がする


ハナ先生

でしょ?

これは、主音があるからなんです。

試しに、最後の主音をⅱに変えてみましょうか


ハテナ君

最後が変!


ハナ先生

そうですよね。

少なくとも「終わったなあ」とは感じませんよね。

「終わったなあ」って感じるためには、主音が必要なんです

導音ってどんな音?


ハナ先生

最後が変」って感じる理由、もう一つあります。

それは、導音が主音に行かなかったからです


ハテナ君

導音?


ハナ先生

はい。ⅶが導音です。

導音は主音に行きたがるんです


ハテナ君

導音のあとは主音じゃないと、変になるのか


ハナ先生

絶対に変になる!

……ってわけじゃーないですけどね。

わざと導音で終わらせると、こう↓なります


ハテナ君

オシャレ


ハナ先生

でしょ?

あと、こんなの↓もあります


ハナ先生

導音と主音のあいだに、ⅱをはさみました


ハテナ君

主音に行くと、なんか、安心する


ハナ先生

導音は主音に行きたがる……。

行きたいとこに行けば安心するし、

行きたくないとこに行けば不安になりますよね。

きっと、導音さんも同じ気持ちでしょう

下属音ってどんな音?


ハナ先生

属音を長2度下げると、下属音かぞくおんになります

「長2度」は半音2個分:→2度音程


ハナ先生

さっきの和音の属音をひとつ、下属音に変えてみましょう


ハテナ君

どの音が下属音?

聴き取れない……


ハナ先生

あらら……。

じゃあ、下属音のパートを強くしますね


ハナ先生

この下属音はⅲに行きたがります


ハテナ君

そうなの?

聴いてもよくわからん……


ハナ先生

次の和音↓を聴いてみてください


ハナ先生

下属音がⅲに行くと、安心しませんか?


ハテナ君

あ、なんとなく分かる……かも。

導音が主音に行ったときみたい

属音ってどんな音?


ハナ先生

属音は、導音と下属音を手助てだすします

ハテナ君

手助け?


ハナ先生

導音は主音に、

下属音はⅲに行きたがる、と説明しましたよね?

属音があると、もっと行きたがるようになるんです


ハテナ君

聴き比べると、確かにそうかも

まとめ

ハ調長音階に番号を付けると、次のようになる。

それぞれ名前があり、主なものを以下に4つ紹介する。

ⅰ……(   ) - 答えを見る

→曲が終わる時によく使われる

ⅳ……(   ) - 答えを見る

→ⅲに行きたがる(ⅴ・ⅶと一緒のとき

ⅴ……(   ) - 答えを見る

→ⅳ・ⅶを手助けする(ほか、使い方はたくさんある)

ⅶ……(   ) - 答えを見る

→ⅰに行きたがる

<スポンサーリンク>


-音階
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

関連記事

長音階・短音階のルール

大事なところだけ先に書きます。 長音階↓は「長長短長長長短」。 短音階↓は「長短長長短長長」です。 このルールさえ守れば、どの音からでも音階を作ることができます。 「○」から始まる▲音階は、●調▲音階 …

音階とは

大事なとこだけ先に言います。 音階とは、「あるルールに従って並んでいる音」のことです。 音階の種類を大まかに分けると、 長音階ちょうおんかい 短音階たんおんかい その他の音階 の3つになります。 音階 …

簡易キャラ紹介

登場キャラ
このブログで楽典を教えている。
音高生。質問がくどい。

各カテのその1orはじめに

知識ゼロの楽譜の読み方:最初の授業
譜表:最初の授業
音名:最初の授業
音程:最初の授業
音階:最初の授業