譜表

パートの種類・ハ音記号を使った譜表

投稿日:2018年4月9日 更新日:

ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、アルト、テノール、バリトン、バス

今回勉強するのはこれ↑です。

よく使う言葉なので、できれば暗記したいですね。

なので、後で暗記練習しますよ。


※今分からなくても大丈夫なところは、緑の字で書きます

<スポンサーリンク>


授業


ハナ先生

それでは、楽典の授業を始めます

パートの名前

合唱するとき、いくつかのパートに分かれて歌いますよね。

パートの名前を、高い声から並べるとこんな感じ↓。

この4つのパートで歌うのは、「混声合唱こんせいがっしょう」のときです。

テノールは、「テナー」ともいいます。

女性パートだけで歌う「女声合唱じょせいがっしょう」なら、もう一つ「メッゾ・ソプラノ」が加えられます。

男性パートだけで歌う「男声合唱だんせいがっしょう」なら、「バリトン」が加えられます。

今言ったパートを全部並べてみますね。

ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、アルト、テノール、バリトン、バス。これらのパートの名前は、全部言えるようにしておくと便利です。

ハ音記号を使った譜表

前回は、高音部譜表・低音部譜表・アルト譜表を紹介しました。

今回は、他の譜表もご紹介しますね。

音部記号がたてに動くと、譜表の名前が変わるんですね。

ところで、さっき私は「ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、アルト、テノール、バリトン、バス。これらのパートの名前は、全部言えるようにしておくと便利です」と言いました。

今紹介した譜表の名前、パートの名前と全く同じです。覚えやすいでしょ?

アルト譜表とバス譜表(低音部譜表)を加えれば、

ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、アルト、テノール、バリトン、バス。全部そろいますね。

ちなみにバリトン譜表は、ヘ音記号を使うときもあります。

譜表・聴き比べ

音符の場所を全く変えずに、譜表だけ入れかえたらどうなるでしょうか?

聴き比べてみましょう。

上から聴いていくと、音がだんだん低くなっていきますね。

ハ音記号の位置を見てみると、逆にだんだん高くなってます。

音部記号が高くなると、音が低くなるってことですね。

<スポンサーリンク>

くどい質問

覚えられません(ハナ式・暗記練習)

ハテナ君

ソプラノとかアルトとか、こんなにたくさん覚えられません


ハナ先生

たくさんって言っても、6個だけですからがんばって暗記しちゃいましょ?

というわけで……



ハナ先生

ハナ式・暗記練習その1、早口!

「ソプラノ・メッゾソプラノ・アルト・テノール・バリトン・バス」これを噛まずに言ってみてください。

早口で、10回です


ハナ先生

10回言えましたか?

では、次。

暗記練習その2、め(ヒント付き)

答えを見る

ハナ先生

穴は埋まりましたか?

全問正解したら、次に進みましょう。

暗記練習その3、穴埋め完全版

答えを見る

ハテナ君

ソプラノメッゾソプラノアルトテノールバリトンバス、ソプラノメッゾソプラノアルト……


ハナ先生

覚えられた?


ハテナ君

うん、多分。

明日には忘れるけど


ハナ先生

忘れたら、今やった暗記練習をもう一回やりましょう

パートの音域って、どんな感じ?

ハテナ君

ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、アルトは女性。テノール、バリトン、バスは男性なんだよな?

じゃあ、

「ソプラノ」「メッゾ・ソプラノ」「アルト」

この3つ↑は何が違うの?


ハナ先生

さっきこの図↓を見せましたが、


ハナ先生

左に「」「」って書いてありますよね?


ハテナ君

……ってことは、ソプラノが一番くて、アルトが一番いってこと?


ハナ先生

女声合唱の中なら、そうですね。

男声合唱なら、


ハナ先生

テノールが一番くて、バスが一番くなります。

なので、これらのパートは音域おんいきが違うんです

ハテナ君

音域?


ハナ先生

音域は、「どの高さからどの高さまで音が出せるの?」ってこと

例えば、ピアノの出せる音は、 


ハナ先生

こんな感じ↑です。これをピアノの音域と言います。

人の声の音域なら、「声域せいいき」とも言いますよ。

ソプラノからバスの音域(声域)はこんな感じ↓


ハテナ君

なるほど。ちなみに、先生の声域は?


ハナ先生

ひ・み・つ♡

まとめとあとがき

まとめ

※音部記号を消してみました。ここまでできたらカンペキです!

答えを見る

あとがき


ハテナ君
  • ソプラノ譜表
  • メッゾ・ソプラノ譜表
  • アルト譜表
  • テノール譜表
  • バリトン譜表
  • バス(低音部)譜表

これ↑に、

  • 高音部譜表

を加えれば、全部で7つ。

こんなにたくさんの譜表、実際に使うのか?


ハナ先生

今実際に使われてるのは、


ハナ先生

これ↑ぐらいかな?


ハテナ君

え……がんばって全部覚えた意味なくね?


ハナ先生

それはどうかな?

クラシックとか演奏するときに使うかもですし。

それに、色んな譜表に慣れておくと音感が鍛えられますよ


ハテナ君

うーん……


ハナ先生

どっち道楽典のテストには出題されますから、覚えるしかないんですけどね


ハテナ君

結局それなんだよなー……

参考文献

  • 淺香淳編(1991)『新訂 標準音楽辞典』音楽之友社.
    • 合唱について「合唱」の項を参考
    • 音域・声域について「声域」の項を参考


ハナ先生

今日の授業はここまで。

譜表の章の授業も今回で終わりです。

譜表の章・まとめのまとめ(穴埋め集)はコチラ↓

譜表の章・まとめのまとめ(穴埋め集)


ハナ先生

譜表の章・練習問題はコチラ↓です

譜表の章・練習問題


ハナ先生

音名の章の最初の授業はコチラ↓です

変化記号「×・♭♭」・幹音と派生音


ハナ先生

私の話を聞いてくれてありがとね

それじゃあまたね♪

<スポンサーリンク>


-譜表
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

譜表・大譜表・スコア

音部記号が書かれた五線のことを「譜表ふひょう」と言います。 ト音記号が書かれてる譜表のことは高音部譜表こうおんぶふひょうで、 ヘ音記号が書かれてる譜表は低音部譜表ていおんぶふひょうです 。 「五線」「 …

五線・加線・オッターヴァ記号

五線からはみ出した線を加線かせんと言います。 加線が多すぎて見づらくなっちゃったら、「オッターヴァ記号」っていうものを使います。 オッターヴァ記号は、こんな感じの記号です。 これは、「1オクターヴで上 …

五線と音部記号

音部記号とは、音の場所を決める記号のことです。 ト音記号は「ソ」の場所を決め、ヘ音記号は「ファ」の場所を決めています。 今回はもう一つ、覚えて欲しい音部記号があります。 ハは音記号と言います。 今日の …

譜表の章・練習問題

譜表の章の練習問題を作ってみました。 力試しに解いてみてください。 譜表の章 五線・加線・オッターヴァ記号 五線と音部記号 譜表・大譜表・スコア パートの種類・ハ音記号を使った譜表 譜表の章・まとめの …

譜表の章・まとめのまとめ(穴埋め集)

授業まとめの穴埋め問題を集めたページです。 章の最終確認・復習に使ってください。 譜表の章 五線・加線・オッターヴァ記号 五線と音部記号 譜表・大譜表・スコア パートの種類・ハ音記号を使った譜表 譜表 …

簡易キャラ紹介

登場キャラ
このブログで楽典を教えている。
音高生。質問がくどい。

最近のリライト

各カテのその1orはじめに

知識ゼロの楽譜の読み方:最初の授業

譜表:最初の授業

音名:最初の授業

音程:最初の授業