音程

7度・1度・8度。転回音程を使ってまとめてやります(音程:その8)

投稿日:2018年1月26日 更新日:

 

こんばんは。ハナです。

 


ハテナ君

こんばんは。ハテナです

 

前回の記事(音程:その7)では、2度音程を勉強しました。

異名同音についても、少しやりましたね

 

ハナ先生

今日は7度・1度・8度音程について、お話していきます!

 

(今分からなくても大丈夫なところは、緑の字で書きます)

 

<スポンサーリンク>

 

転回音程は一つに決まる

これの音程は?

 


ハテナ君

「ミ – ファ」短2度

 

正解

転回するとどうなる?

 

ハテナ君

転回ってなんだっけ?

 

下の音をオクターブ上げるか

上の音をオクターブ下げるか

 


ハテナ君

うん。

音程は?

 


ハテナ君

ド、レ、ミ……7度

 

長? 短?

 


ハテナ君

2度が短だったんだから、7度も短でしょ

 

減5度のときを、思い出して欲しい

 

ハテナ君

減5度?

 

うん。

減5度を転回すると?

 


ハテナ君

4度になる

 

でしょ? 長も同じ

を転回したら、になる!

 


ハテナ君

ええ……

完全のときは完全だったのに?

 

完全だけ特別なんです

転回すると、

に 

に 

それから、

重増は重減に 重減は重増になるよ

完全だけは完全のまま

こんな感じ

 


ハテナ君

全部になるってこと?

 

そう!

ってことは、さっきの7度の音程は?


ハテナ君

短2度の逆だから、

7度!

正解!

長7度の半音も数えとくよ

11個

 


ハテナ君

うわ、半音がたくさん……

めんどくさいなあ

でしょ?

だから、これからはね。

半音数えるのは、必要なときだけにする!

 


ハテナ君

おう、そうしてくれ

数えるのめんどい

転回した方がラクだもんね

 


ハテナ君

いや、それもめんどくさそうなんだけど……

 

そんなことないよ?

だって、転回音程は決まってるんだもん

 

ハテナ君

転回音程?

 

うん。転回したあとの音程が、転回音程ね。

「短2度の転回音程は?」って聞かれたら、「長7度」って答えてね

今回だけたまたま長7度じゃなくて、いつでも長7度だから

短2度の転回音程は、いつでも長7度

 


ハテナ君

ほんとかよ??

 

また、ぜーんぶの半音数えて証明する?

 


ハテナ君

……いや、いい

 

これの証明は、コラム記事でやろうね

ハテナ君も付き合ってね

 


ハテナ君

……いやだと言ったら?

 

無理矢理連れてく♡

 


ハテナ君

……

 

 

ハナ先生

とりあえず、今は

転回音程はいつでも決まってるってことにするよ

 

<スポンサーリンク>

 

幹音の7度――2度を転回しよう

さて今から、また白鍵だけの7度をやります

 


ハテナ君

また一個ずつやるやつじゃん

 

って思うでしょ?

でも、2度の転回音程を調べればいいだけなの

 


ハテナ君

ほう。なぜ?

 

やってみれば分かるよ

まず、幹音の短2度ってどこだっけ?

 


ハテナ君

ええっと、短2度は半音だから、

「ミ – ファ」「シ – ド」

 

うん、正解

「ミ – ファ」「シ – ド」を転回すると?

 


ハテナ君

「ファ – ミ」「ド – シ」?

 

そう!

転回音程は?

 


ハテナ君

長7度

 

その通り。

……ってわけで、7度、終わり!

 

ハテナ君

……え? 終わり?

 

うん。

7度は、「ファ – ミ」「ド – シ」長7度ってことが分かれば充分なの

 


ハテナ君

いやいや、他の7度わかんないんだけど

 

分かるよ

 

ハテナ君

いやいやいや??? なんで?

 

「ミ – ファ」「シ – ド」以外の幹音の2度って、「長」? 「短」?

 


ハテナ君

ええっと、全部長2度

 

そう!

長2度の転回音程は?

 

ハテナ君

ええっと、ええっと……

 

逆! 長の逆!


ハテナ君

ああ……短7度か

 

正解

ってなわけで、「ファ – ミ」「ド – シ」以外の7度は全部短7度ってわかったね?

 

ハテナ君

わかったような?

わからないような?

 

だーから~……こういうこと!


ハテナ君

ああ、2度を全部転回しちゃうってこと?

 

そう!

そしたら、7度の音程も分かるってこと♪

 

 

ハナ先生

幹音の7度は、ファ – ミ」「ド – シ」だけ長7度、それ以外は短7度

もし忘れちゃったら、2度を転回してみてください

半音はもう数えないよ

 

幹音の1度・8度――減1度と増8度には気をつけて

じゃあ、次は1度8度をやろっか

 


ハテナ君

なんか進むペース早くない?

 

今までは音程に慣れるためにじっくりやってたの

もう慣れたでしょ?

 


ハテナ君

さあ? どうでしょう?

 

不安なの?

大丈夫、大丈夫

私と一緒なら、絶対大丈夫

 


ハテナ君

余計に不安……

 

さて、1度と8度は

完全です。

完全は、転回しても完全だよ?

 


ハテナ君

おう

 

で、幹音だけの1度は……

全部完全1度!

ついでに、8度も全部完全8度!

 

ハテナ君

……まじ?

 

うん。

まず1度から説明するよ

1度って、同じ音でしょ?

中の半音0個だよね?

 


ハテナ君

そうだな

 

ってことは、どこでも1度は同じ音になっちゃう


ハテナ君

なるほど……じゃあ1度は全部完全1度か!

覚えやすい!

違うよ

 


ハテナ君

はあ?

 

幹音だけの1度は全部完全1度。

変化記号がついたら、が付くよ

 


ハテナ君

なんだよ……1度は全部同じ音なんじゃねえの?

 

これ見て

1度だけど、半音違うでしょ?

 


ハテナ君

確かに……

 

音程は?

 

ハテナ君

増1度?

 

その通り

ちなみに、1度に減はつかないから

 

ハテナ君

なんで?

 

重減2度のときとちょっと似てる……いや、全然違うかも

まあ、これは別の記事で取り上げます

減1度はありえないってことだけ覚えておいて

 


ハテナ君

おっけー

忘れるかもしれんけど

 

じゃあ次は1度を転回してみよっか

 

ハテナ君

1度って転回できるの?

 

できるよ、ほら


ハテナ君

なーるほど

 

転回音程は?

 


ハテナ君

ええっと、8度

……完全1度から転回したから、

完全8度

正解!

ってなわけで幹音の8度の話をします

 


ハテナ君

8度も全部完全なんでしょ?

 

その通り!

8度って、オクターブじゃん?

変化記号つかないなら、オクターブはどこでもオクターブ

 


ハテナ君

あー、そっか

 

しかも

幹音の1度は全部完全だったでしょ?

ってことは、8度も全部完全です

完全1度の転回音程は、完全8度ですから

 


ハテナ君

なんだ

1度と8度って楽勝じゃん

ただ、一つ注意!

増8度転回できません

 

ハテナ君

なんで?

 

試してみよう

転回してみてください

 


ハテナ君

 

音程は?

 


ハテナ君

増1度

 

正解。

でもじゃない?

 

ハテナ君

どこが?

 

増って、転回したら増なの?


ハテナ君

あ、になるはず!

 

そう。

なんでこうなるのかなあ?

 

ハテナ君

……わかんねえ!

 

転回ってね、1オクターブ超えるダメなの

転回しようとしても、ただ1オクターブ動かすだけになっちゃうもん

 

「転回」というからには、交差しなきゃ


ハテナ君

確かに

 

増8度も一緒

増8度って1オクターブ超えてるんです

 

さっきのも、ただ1オクターブ動かしてるだけじゃん

交差してないよね

だから、増8度以上の音程は転回できない

 


ハテナ君

なるほどね

おっけー、わかった

でも、増1度は転回できるからね

 


ハテナ君

減8度

 

そう!

 

 

ハナ先生

幹音の1度と8度は、全部完全

覚えやすいね(。≧ω≦)ノ

変化記号がついたときの注意点は……

減1度はありえないってことと、

増8度は転回できないってこと

気をつけてね

 

まとめとあとがき

まとめ!

・転回音程はいつでも決まってる

たとえば、短2度の転回音程はいつでも長7度

・幹音の7度は、「ファ – ミ」「ド – シ」だけ長7度、それ以外は短7度

もし忘れたら、2度を転回してみる

・幹音の1度と8度は、全部「完全」

・減1度はありえない

・増8度は転回できない

 

あとは、3度と6度だけ

 


ハテナ君

オレ、音程に詳しくなってきてんじゃねーの?

 

うん、だいぶがんばったと思う!

でも……やっぱり、まだまだかな?♪

 


ハテナ君

なんだよ……

 

3度と6度が終わって、音程のまとめをしたら、

次の章へ進みます

 


ハテナ君

まじで?

もう音程は終わり?

んー。まだやりたいことあるけど、

それは「上級編」でやろうかな

今やってる「中級編」をクリアしたら、次の章……音階に進みます

 


ハテナ君

まじかよ……オレ、まじがんばったああ!!

 

……3度と6度はちょっと苦労するかもだけど……

 

 

ハナ先生

それでは、今日はこれで終わりにします

ここまで読んでくれて、ありがとうございました!

じゃあね

 

 

ハナ先生

 

 

ハナ先生

次の記事は、もうちょっと待ってくださいね

 

 

 

参考文献……特になし

 

<スポンサーリンク>


 

-音程
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【くどい解説(主に変化記号)】3度下・上に音を作る音程練習 パート1(音程:練習)

  こんばんは。ハナです。   「ハテナです」   今日は3度の音程練習をしていきましょう。 コチラの記事を読んだ人向けです 音程に長いのと短いのがあるって知ってる?(音 …

【くどい解説付き】音程を数える練習問題(音程:練習)

  こんばんは。ハナです。   「ハテナです」   今日は音程の数え方を練習してみましょう。 コチラの記事を読んだ人向けです これは何度!? 指を使った音程の数え方(音程 …

変な音程・重増7度と減1度

何が変なのかと言うと、 重増7度は、7度なのに1オクターブ超えてる。 減1度は楽譜に書けない。 というところです。実際に使われることはほとんどない音程ですが、考えてみると意外とおもしろいですよ。 &n …

3度・6度音程と、白鍵だけの音程まとめ

授業を始める前に、大事なところだけ先に書きます。 白鍵だけで3度音程を考えると、 「ド-ミ」「ファ-ラ」「ソ-シ」が長3度で、 残りは短3度、ということが分かります。 3度を転回すれば6度になりますの …

度数の足し算・引き算がおかしいのは、なぜ?(音程:コラム)

0度がないから! ……っていうのが、おかしい理由です。「何がおかしいの?」って話なんですが、それは度数の足し算・引き算がおかしいんです。 よく考えてみてください。4度と5度を足せば8度になるって、変だ …

簡易キャラ紹介

登場キャラ
このブログで楽典を教えている。
音高生。質問がくどい。

最近のリライト

各カテのその1orはじめに

知識ゼロの楽譜の読み方:最初の授業

譜表:最初の授業

音名:最初の授業

音程:最初の授業