【一問練習】音名を答える総合問題

楽典問題一問練習

問題

問題:A durの導音の増4度下の音が主和音の第3音となる短調の自然短音階の下中音は何ですか。日本語で答えなさい。

答えを見る

解説

A durアードゥアー(イ長調)の導音どうおんは「ソ♯」です。今回は長調ですが、短調でも同じ音になります(a mollアーモール〔イ短調〕の導音も「ソ♯」)。

「導音」と言われたら、主音しゅおん(音階のⅰ番目の音)の短2度(半音)下を思い浮かべましょう。

A durの主音は「ラ」、「ラ」の短2度下は「ソ♯」、ということですね。

「ソ♯」の増4度下は、「レ」です。

幹音(白鍵)だけの4度音程を確認しておきましょう。

「ファ – シ」だけ増4度で、あとは完全4度です。

「レ – ソ」は完全4度なので、「レ – ソ♯」は増4度→「ソ♯」の増4度下は「レ」というわけです。

「レ」が主和音しゅわおんの第3音となる短調は、h mollハーモール(ロ短調)ですね。

主和音というのは、主音の上に2つ音を積み上げた和音になります。他にも「下属和音かぞくわおん」とか「属和音ぞくわおん」というのもありまして、「主和音」「属和音」「下属和音」をまとめて主要三和音しゅようさんわおんといいます。

「第3音」の「3」は「3度」の「3」です。なので、3度下に三和音の根っこの音(根音こんおん)があります。

「3度」と言っても、「短3度」なのか「長3度」なのか。

答えは短3度です。

短調の主和音は、短三和音たんさんわおんになります。三和音の基本は「明るい」か「暗い」か、です。

明るい三和音は長三和音ちょうさんわおん、暗い三和音が短三和音です。

短三和音の中にある音程を見てみましょう。

根音と第3音が短3度になっています。なので、

  1. 「レ」が第3音となる短三和音→「シ・レ・ファ♯」の和音
  2. 「シ・レ・ファ♯」の和音が主和音→「レ」の短3度下が主音→「シ」が主音
  3. 「シ」が主音の短調→h moll

となるわけです。

ちなみに、「レ」が主和音の第3音となる長調・・は、B durベードゥアー(変ロ長調)になります。

下中音かちゅうおんとは、音階のⅵ番目の音のことです。

下中音は主音の短6度上(長3度下)です。

「シ」の短6度上は「ソ」になります。

「ソ」の日本語は「ト」なので、答えは「」ということです。

<スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました