楽典問題一問練習

【一問練習】音階を書く総合問題

投稿日:2018年4月26日 更新日:

問題

問題:変イ音の長3度上を下属音とする長調の同主調の音階を、テノール譜表上に調号を用いて書きなさい(短調の場合は和声的短音階)。

答えを見る

解説

変イ音は、「ラ♭」です。「ラ♭」の長3度上は「ド」ですね。

幹音の音程は丸暗記しておくといいでしょう。

3度なら、「ド – ミ」「ファ – ラ」「ソ – シ」が長3度で、それ以外が短3度です。

これを覚えていれば、

  1. 「ラ – ド」が短3度
  2. 「ラ♭ – ド」は長3度
  3. 「ラ♭」の長3度上は「ド」

と、すぐに気づけるでしょう。

「ド」を下属音かぞくおん(音階のⅳ番目の音)とする長調は、G durゲードゥアー(ト長調)です

下属音と主音しゅおん(音階のⅰ番目の音)の音程は、いつでも完全4度です。

これを知っていれば、「ドを下属音とする長調」と聞いた瞬間に、G durを思い浮かべることができるかと。

同主調どうしゅちょうというのは、主音を変えずに長調と短調を入れかえた調です。

G durの同主調はg mollゲーモール(ト短調)、g mollの同主調はG durになります。

このg mollの音階を、楽譜に書けばいいわけですね。

「テノール譜表上に」と書いてあるので、あせって高音部譜表に書かないでくださいね。

「調号を用いて」とあるので、調号を使います。

「g mollの調号は?」と聞かれたら、すぐに「シとミに♭」と答えられるのが理想です。

暗記がまだの人は、G音から短音階を作っていきましょう。

短音階の作り方は「長短長長短長長」です。

ちなみに、♭の調号は「シミラレソドファ」の順番で付きます。

♯の調号は「ファドソレラミシ」です。

「シミラレソドファ」を反対から読むと「ファドソレラミシ」になりますね。

さて、問題はまだ終わりではありません。

問題には「短調の場合は和声的短音階わせいてきたんおんかい」と書いてあるので、和声的短音階に直さなければなりません。

和声的短音階は、ⅶ番目の音を半音上げて導音どうおんにした音階です。

導音は、短2度上に主音がなければなりません。

そのままの自然短音階のⅶ番目の音だと、長2度上が主音になります。なので、半音上げて、短2度上に主音が来るようにするのです。

これ↑が答えです。

<スポンサーリンク>


-楽典問題一問練習
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

【一問練習】楽語の意味を答える問題2(暗記練習付き)

目次1 問題2 解説2.1 ハナ式・暗記練習2.1.1 その1・早口2.1.2 その2・穴埋め(ヒント付き)2.1.3 その3・穴埋め完全版 問題 問題:次の用語の意味を日本語で答えなさい。 tran …

【一問練習】音程(4度・5度)を答える問題5

問題 問題:次の2音間の音程を答えなさい。 答えを見る 完全11度 重増5度 完全5度 減5度 増4度 ※参考:音程の章(「ミファ」と「シド」は意外に使える&5度と4度のふか~い関係)

【一問練習】音程(4度・5度)を答える問題2

問題 問題:次の2音間の音程を答えなさい。 答えを見る 完全5度 完全5度 減4度 重増4度 完全12度 または 1オクターヴと完全5度 ※参考:音程の章(「ミファ」と「シド」は意外に使える&5度と4 …

【一問練習】音程(4度・5度)を答える問題4

問題 問題:次の2音間の音程を答えなさい。 答えを見る 完全4度 増11度 または 1オクターヴと増4度 完全5度 増5度 増4度 ※参考:音程の章(「ミファ」と「シド」は意外に使える&5度と4度のふ …

【一問練習】音程(4度・5度)を答える問題

問題 問題:次の2音間の音程を答えなさい。 答えを見る 減5度 完全4度 増4度 減12度 または 1オクターヴと減5度 増12度 または 1オクターヴと増5度 ※参考:音程の章(「ミファ」と「シド」 …

簡易キャラ紹介

登場キャラ
このブログで楽典を教えている。
音高生。質問がくどい。

最近のリライト

各カテのその1orはじめに

知識ゼロの楽譜の読み方:最初の授業

譜表:最初の授業

音名:最初の授業

音程:最初の授業