3度・6度音程と、白鍵だけの音程まとめ

音程

授業を始める前に、大事なところだけ先に書きます。

白鍵だけで3度音程を考えると、

「ド-ミ」「ファ-ラ」「ソ-シ」長3度で、

残りは短3度、ということが分かります。

3度を転回すれば6度になりますので、3度音程を覚えておけば6度も分かります。


※今分からなくても大丈夫なところは、緑の字で書きます

<スポンサーリンク>


授業(粗)


ハナ先生

それでは、楽典の授業(粗)を始めます

3度音程

3度については、以前やりました。

半音4つ分が長3度、半音3つ分が短3度ですね。

白鍵(幹音)だけの3度音程を考えてみましょうか。

「ド-ミ」「ファ-ラ」「ソ-シ」長3度で、

残りの「レ-ファ」「ミ-ソ」「ラ-ド」「シ-レ」短3度です。

短3度の中には「ミ-ファ」「シ-ド」が含まれています。

  • 「レミファ
  • ミファソ」
  • 「ラシド
  • シドレ」

「ミ-ファ」「シ-ド」が含まれていたら短3度!って覚えるのもいいかもしれませんね。

6度音程

3度を転回すれば、6度になります。

長3度の転回音程は、短6度。

短3度の転回音程は、長6度。

白鍵だけの長3度は、「ド-ミ」「ファ-ラ」「ソ-シ」ですね?

これらを転回すれば、短6度になるわけです。

  • 「ド-ミ」→「ミ-ド」
  • 「ファ-ラ」→「ラ-ファ」
  • 「ソ-シ」→「シ-ソ」

すなわち、白鍵だけの短6度は、

「ミ-ド」「ラ-ファ」「シ-ソ」です。

残りの、「ファ-レ」「ソ-ミ」「ド-ラ」「レ-シ」が長6度。

「何が短6度だったっけ?」って忘れてしまっても、

長3度の「ド-ミ」「ファ-ラ」「ソ-シ」を転回すればいいわけですから、

3度音程さえ覚えていれば問題ないですね。

白鍵の音程まとめ

白鍵だけの、1~8度音程をまとめましょう。

  • 1度……全て完全1度
    • 転回音程→8度……全て完全8度
  • 2度……「ミ-ファ」「シ-ド」短2度で、残りは長2度
    • 転回音程→7度……「ファ-ミ」「ド-シ」が長7度で、残りは短7度
  • 3度……「ド-ミ」「ファ-ラ」「ソ-シ」長3度で、残りは短3度
    • 転回音程→6度……「ミ-ド」「ラ-ファ」「シ-ソ」が短6度で、残りは長6度
  • 4度……「ファ-シ」だけ増4度で、残りは完全4度
    • 転回音程→5度……「シ-ファ」だけ減5度で、残りは完全5度

これ↑は、ぜひ覚えてください!

臨時記号が付いたら、

この図↑を思い出しましょう。

この図と、白鍵の音程が覚えられれば、音程の章はバッチリです。

まとめ

幹音だけの3度音程を考えてみると、

「(   )-(   )」「(   )-(   )」「(   )-(   )」の音程だけ長3度ということが分かる。 - 答えを見る

これ以外の3度音程は全て短3度である。

上記の3度音程を転回することにより、6度音程も分かるようになる。すなわち、

「(   )-(   )」「(   )-(   )」「(   )-(   )」の音程が短6度で、これ以外は長6度である。 - 答えを見る

<スポンサーリンク>


コメント

タイトルとURLをコピーしました