知識ゼロの楽譜の読み方

【もっとくどい質問】ドレミの前に五本の線

投稿日:2019年3月21日 更新日:


ハナ先生

コチラ↓を先にお読みください

ドレミの前に五本の線


ハテナ君

聞きたいこと、まだまだある。

どんどん聞いてくぜ!

<スポンサーリンク>


補習――もっとくどい質問(未完成)


ハナ先生

それでは、楽典の補習を始めます

緑の字は、今分からなくても大丈夫

「補習」ってなに?→:このブログについて(授業・補習)

「ハナ先生」と「ハテナ君」ってだれ?→:このブログについて(登場キャラクター)

「楽譜の読み方」を最初から勉強したい!→:ドレミの前に五本の線

玉だけで、高さが分かる?


ハテナ君

五本の線、なくてもいいんじゃね?


ハナ先生

どうして?


ハテナ君

玉を二個使えば……


ハテナ君

ほら。

高さが分かる


ハナ先生

いいえ、分かりません


ハテナ君

いやいや!

これ↓、ちゃんと見て!


ハテナ君

どう見ても、高さ分かるじゃん


ハナ先生

五本の線を、引いてみましょう


ハナ先生

ほら。

同じ高さになりました


ハテナ君

……それはずるい


ハナ先生

とにかく!

五本の線は、ないと困るんです♪

時間は、上から下に流れる?


ハテナ君

時間は、左から右に流れる……だよな?

ハテナ君

右まで行っちゃったらどうなるの?


ハナ先生

下に行きます


ハテナ君

また右に行っちゃったら?


ハナ先生

また、下に行きます


ハテナ君

どんどん下に行くよね?


ハナ先生

そうですね


ハテナ君

ってことはさ。

時間は、からに流れる……じゃないの?


ハナ先生

下まで行っちゃったら、次のページです


ハナ先生

どんどんに行きます


ハナ先生

結局、からに流れるんです


ハテナ君

確かに……


ハナ先生

最初から、右に行けるんですよ

ハテナ君

どういうこと?


ハナ先生

ここ↓で、どうして下に行くんですか?


ハテナ君

右に行けないから?


ハナ先生

なんで右に行けない?

ハテナ君

紙がりない……から?


ハナ先生

もし、紙が足りるなら?


ハテナ君

右に行ける、と思う


ハナ先生

そうです、行けるんです。

ずっと、ずーっと


ハナ先生

だから、時間は……?


ハテナ君

左から右に流れる


ハナ先生

そうです。

まるで文章みたい


ハナ先生

たてがきなら、からですね

ハテナ君

縦書きの楽譜ってあるの?


ハナ先生

ありますよ。

けど、このブログではやりません。

横書きの楽譜だけ、勉強します


ハテナ君

このブログって、からだよな


ハナ先生

ほんとだ!

<スポンサーリンク>



ハナ先生

今日の補習はここまで。

次の授業はコチラ↓です(※リライト中です)

五本の線でドレミファソラシド

-知識ゼロの楽譜の読み方
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

アップロードできる画像は、JPEG・JPG・GIF・PNG形式です。

関連記事

付点音符・タイ

大事なとこだけ先に言います。 音符の横に点が付くと、長さが1.5倍になります。 この音符を付点音符ふてんおんぷと言います。 後で、普通の音符と聴き比べします。 それから、 音符が線でつながると、音もつ …

五本の線でドレミファソラシド

大事なとこだけ先に言います。 ↓ここが「ド」! まずは「ド」の場所だけ覚えてしまいましょう。 今回の授業で一番伝えたいことは、これだけです。 他には、五本の線の見方みかたや、「ドレミファソラシド」の二 …

音符の音の長さ

大事なことだけ先に言います。 全音符=二分音符+二分音符 二分音符=四分音符+四分音符 四分音符=八分音符+八分音符 八分音符=十六分音符+十六分音符 なので、 →半分→半分→半分→半分 曲の速さのこ …

休符の基礎

大事なとこだけ先に言います。 これ↑が休符きゅうふです。 休符のところは、音を鳴らしません。 休符の長さは、もし四分音符が1秒なら、 ・……4秒 ・……2秒 ・……1秒 ・……0.5秒 ・……0.25 …

変化記号「♯・♭・♮」の読み方

大事なとこだけ先に言います。 ♯シャープは、半音上げる ♭フラットは、半音下げる ♮ナチュラルは、元に戻す という意味です。 これらの記号には、二つの使い方があります。 「臨時記号りんじきごう」と「調 …

簡易キャラ紹介

登場キャラ
このブログで楽典を教えている。
音高生。質問がくどい。

各カテのその1orはじめに

知識ゼロの楽譜の読み方:最初の授業
譜表:最初の授業
音名:最初の授業
音程:最初の授業
音階:最初の授業