音符の形

知識ゼロの楽譜の読み方

大事なとこだけ先に言います。

これ↓が音符です。

もし四分音符秒なら、

  • 全音符……
  • 二分音符……
  • 八分音符……0.5
  • 十六分音符……0.25

になります。

今回は、音符の形をなんとなく覚えてもらえれば充分じゅうぶんです。

<スポンサーリンク>


授業


ハナ先生

それでは、楽典の授業を始めます

緑の字は、今分からなくても大丈夫

「授業」ってなに?→:このブログについて(授業・補習)

「ハナ先生」ってだれ?→:このブログについて(登場キャラクター)

「楽譜の読み方」を最初から勉強したい!→:五本の線でドレミファソラシド

音符の形

これ↑が音符です。

色々な形がありますね。

全音符以外は、ぼうが付いてますよね。

棒が付いてる音符は、高い音になると、

こんな風↑にひっくり返ります。

八分音符や十六分音符には、はたが付いてますよね。

旗が付いてる音符がとなりになると、

こんな風↑に、くっつきます。

音の長さ

音符は、「音の高さ」を教えてくれます。

高いところにあれば高い音になりますし、低いところにあれば低い音ですよね。

もう一つ、音符は「音の長さ」を教えてくれます。

音符の形が変わると、音の長さが変わります。

例えば、もし四分音符秒なら、他の音符は

  • 全音符……
  • 二分音符……
  • 八分音符……0.5
  • 十六分音符……0.25

になります。

もし分音符秒だったら、

  • 全音符……
  • 二分音符……
  • 四分音符……
  • 十六分音符……0.5

こう↑なります。

<スポンサーリンク>

くどい質問

音符がうまく書けません

ハテナ君

音符がうまく書けない。

特に旗

「ハテナ君」ってだれ?→:このブログについて(登場キャラクター)


ハナ先生

別に、うまく書かなくてもいいんじゃない?

分かればいいんです


ハテナ君

いや、でも下手だとなんか恥ずかしいじゃん


ハナ先生

うん……その気持ち、分かります。

私も正直……うまく書けないですが……。

ちょっとだけコツを教えますね。

ズバリ、「うまく書こうとしない」です


ハテナ君

それ、コツって言えるの?


ハナ先生

コツですよ~。

難しいのは、曲線を書こうとするからです。

曲線より直線の方が簡単に書けますよね?

なので直線だけで書くんです


ハナ先生

これで書きやすくなったと思います


ハテナ君

カクカクしてるやん


ハナ先生

カクカク音符がうまく書けるようになってから、なめらかに書けばいいんですよ。

カクカク音符はすばやく書けますから、急いでるとき便利です。

もっと速く書くなら、黒い玉を一本線で書いちゃいましょう

まとめとあとがき

まとめ

音符の形が変わると、音の( 長さ ・ 高さ )が変わる。 - 答えを見る

あとがき

ハテナ君

急いで楽譜を書くことって、あるの?


ハナ先生

ありますよ。

聴音ちょうおんの試験とか

ハテナ君

ちょうおん?


ハナ先生

聴音は、知らない音楽を聴いて楽譜に書き取ること


ハテナ君

めっちゃ難しそう


ハナ先生

正直、私も苦手ですね……。

聴音の試験って普通、音楽は7回とか8回だけしか聴けないんです。

なので、1回の聴き取りでたくさん音を書く……というのがポイントになります。

だから、とにかく急いで楽譜を書くんですよ


ハテナ君

なるほど


ハナ先生

他にも、音楽やってると、楽譜を急いで書くときって結構ありますよ。

特に、人を待たせたくないときとか。

なので、楽譜は速く書けるようになりましょう


ハテナ君

速いとか遅いとか以前に、オレはまだ楽譜が読めないけどな

リライト履歴

<スポンサーリンク>



ハナ先生

今日の授業はここまで。

次の授業はコチラ↓です

音符の音の長さ
大事なことだけ先に言います。 全音符=二分音符+二分音符 二分音符=四分音符+四分音符 四分音符=八分音符+八分音符 八分音符=十六分音符+十六分音符 なので、 →半分→半分→半分→半分 曲の速さ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました